エコグライダーの体験イベントなど、公式イベント情報やお知らせです。

エコグライダーの体験イベントなど、公式イベント情報やお知らせです。

50プリウス用 エコグライダーの開発について

2016.08.22 |

50プリウス用エコグライダーの発売が遅れておりまして、申し訳ありません。

開発にかかる時間が、当初の目論見をはるかに超えて苦労している次第です。

基本ソフトの製作は、早い時点から出来ていたのですが、そこからの適合に時間がかかっています。

50プリウスは、ご存知のように駆動用電池が変更されており、その充放電は驚くほど早く行われます。したがって、電池で走るEV走行が燃費向上のキモであり、その辺りのチューニングが純正状態でかなり高次元に仕上がっています。

多分、メーカーさんではアフターマーケットのチューニングレベルでは、純正状態を超えられないだろうと思っているんじゃないだろうか、とこちらが思うくらい挫折の連続でした。

内情を少しお話ししますと、我々のエコグライダーは、ギヤがニュートラルに近い状態を作り出しやすくして、そこでのグライダー走行で燃費を稼ぐわけです。(グライダー走行については、HPのエコグライダーてなんだ? をご確認ください。)

しかし、グライダー走行時は充電しません。(回生ブレーキによる減速もしませんが、充電もしません。) これは、50プリウスの特徴である素早い充電機能をスポイルし、結果的に電欠に近い状態からEV走行が減って、燃費の悪化を招いてしまう訳です。

つまり、このグライダー無充電地獄から抜け出すのに時間がかかっておりました。

言い訳が長くて申し訳ありません。🙇

S_4794443214839

S_4794443255946

現在は、先程のグライダー無充電地獄を抜け出して、この写真のように市街地走行で30キロ後半の燃費をマークするようになってきました。私達開発サイドは、名古屋を拠点にしておりますので名古屋の都市部を走っていての燃費です。(平坦な道路が多いです。) エアコンは、ノーマルモードの全席対応の24度設定で走っています。写真のように、満タンからの燃費計測で、2名乗車です。走行速度は、決して飛ばしてはいませんが、交通渋滞を起こすEGOカー化しての走行ではありません。

この時のグライダー率は。

S_4794443308115

市街地走行では、グライダー走行中にエンジンが停止しますので、約20kmの内の4キロは燃料を使わず、更に電池も使わないで走ったことになります。

このように、良い燃費をマークするようになってきましたが、残念ながらスイートスポットが狭いという課題は残っています。具体的には、グライダー走行を積極的に取り入れて走行しないと、優秀な純正のEV走行が主導権を握って電池を使って走ろうとします。この課題の改善にも取り組んでいますが、少し考えあぐねています。したがって、この辺りで発売に向けて詰めていこうと考えています。

高速道路での燃費はどうかというと。

S_4794443333047

約90km/Lにて、エコグライダーGT+に搭載されているクルーズ機能を使っての走行です。今までのインテリジェンスクルーズコントロールをより進化させて、無駄取りに苦労しています。こちらは、もう少しやりようがあると考えております。

 

50プリウス用のエコグライダーGT+については、予想を大幅に上回るお問い合わせをいただいておりまして、ありがたい限りです。 「いつまでかかるのだ!」と言う叱責の声もありますし、「頑張ってください」という激励の声もいただいております。 開発にかかる期間を見誤って、発売予告を2度に渡り延期してきており、大変申し訳ありません。 お待ちいただいているお客様に満足していただくチューニングパーツとして送り出したい、という気持ちを強く持って取り組むあまり、延び延びになっているのも否定できません。 まだ、100点を付けられるレベルではありませんが、きっと使いこなしていただければ、楽しいギミックになると考えております。

8月も後半ではありますが、急いで発売に向けて仕上げていきますので、今少しのご猶予を頂きたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。