エコグライダーの体験イベントなど、公式イベント情報やお知らせです。

エコグライダーの体験イベントなど、公式イベント情報やお知らせです。

SHIFT SWITCH for FIT3 HYBRID(GP5)

2016.04.01 |

昨年、八ヶ岳で行われたFIT オフ会にて発表した、SHIFT SWITCH、やってます。

ずいぶん時間がたったけど、どうなっているのだというお問い合わせをいただき恐縮至極であります。

ちゃんとやっていますよ!! では、何故!?ほぼできていたのに時間がかかっているのかと言いますと、オフ会で指摘された内容を元に金型を作り直しているからなのです。

どの部分と言いますと、先ずは、純正のシフトレバーをご覧ください。

純正シフト

この写真だけでは、分かりにくいかもしれませんが、ほとんどのオーナーが、【S】ボタンを押しにくいと感じていたのです。 高速道路の合流や急な坂道に差し掛かって、【S】ボタンを押してパワーを引き出そうとしても、手が届きにくく押せない場合が多いというのです。 更にひどいときは、P(パーキング)を誤って押してしまうこともあると。 当然ソフトウェアで保護されていますから、走行中にP(パーキング)を押しても入りませんがね。

この【S】ボタンのポジションは強く変更をリクエストされたのでした。 更に、議論は白熱して「EV走行ができるボタンを用意してほしい。」 「Sボタンをステアリング上に移してほしい。」等、アフターマーケットの開発領域を超えてきているんですが。。。。タジタジ。

それでも、位置の変更は行うと約束してまいりましたので、一旦作った金型を破棄して再度製作し直すという気合の入れようなのです。苦労をしても、費用が掛かってしまっても、お客様との約束は守りたい。 eConceptは、そういうブランドでありたいと考えています。

再設計といっても実は、この【S】ボタンの裏側にスペースの余裕も無い上に、配線もほとんどパツパツでして、困ったものです。 最大に移動して(といっても限られていますが)、角度をつけてドライバーが操作しやすくなるように設計し直しています。

wireframe

この右側のくぼみに純正の【S】ボタンを移植してもらえば、バッチリ解決です。

20150915 FIT3 装着状態

以前のモノとは、違うでしょ。P(パーキング)は、当然ながら一番上にセットしてありますから、押し間違いなど起き得ませんよ。

こういう事をやるのが、エルゴノミクス(人間工学)的ですよね。

使うドライバーが、「これ、いーーな。」と思える商品を作っていくのが、【eConcept】です。

間もなく、発表ですから期待して、お待ちくださいね。